カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

【仁成作(にんせいさく)】ウォータースカッシュ(グラスムク)《深宙用》

【仁成作(にんせいさく)】ウォータースカッシュ(グラスムク)《深宙用》

へら浮子”仁成作(にんせいさく)”…へら浮子師<小出一仁氏>により制作されたトーナメントモデルです。
制作されるその一本一本が、選び抜かれた羽根素材からなる”羽根一本取り”仕様。
作者の製品に対する”こだわり”が感じる事の出来る一本です。

【仁成作(にんせいさく)】ウォータースカッシュ(グラスムク)《深宙用》

価格:

7,200円 (税込)

サイズ:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

【仁成作(にんせいさく)】ウォータースカッシュ(グラスムク)《深宙用》

〇チョウチンの”抜きセット”釣専用モデルです。浮子監修:斉藤心也氏〇
超高感度の極細グラスムクを採用しているので、喰わせエサが落下する途中のサワリやアタリを明確に表現します。

最近の管理釣り場は魚が大型化し、魚の警戒心が強い為か喰わせエサだけでじっと待っていても、不自然に感じて警戒するのかアタリが出なかったり、当たってもカラツンという場面が多くなってきました。

そこで、縦誘いを繰り返して釣るのが最近のチョウチンセットの主流ですが、多くの釣り人が同じ釣法なので普通の浮子では反応が悪くなってしまい、多くの効果がなくなってしまったと感じます。

理由は縦誘いをしても普通の浮子ではトップが太いと縦誘いの跡、下ハリスが張りきってしまうまでの時間が早い為、急激なブレーキが効いてしまい、魚に違和感を与えてしまうからかもしれません。

しかし、この”ウォータースカッシュ”は超高感度の”極細グラスムク・トップ”を採用しているので他の浮子に比べ2〜3倍多くナジミ幅があり、喰わせエサが馴染む際のプレーキも軽減されているので、喰わせエサの落下時間が長くなり、魚がエサを口にチャンスタイムが格段に上がります。

この釣り方で狙うメインのアタリはバラケエサを早めに落とし、下ハリスが張り切ったら縦誘いを繰り返してトップがジワジワと馴染む途中の半節程の小さなアタリです。
お勧めのエサ落ち目盛りは小さなインスタントウドン類をつけて、1〜1.5目盛り出した位置です。
超高感度の浮子なので、水温の変化や水の流れ、道糸の吸水等ですぐに1〜2目盛りのエサ落ちの変化が出やすいのでご注意下さい。

■対応尺数■
・4番:6〜10尺
・4.5番:7〜11尺
・5番:7〜12尺
・5.5番:8〜13尺
・6番:9〜15尺
※使用のお勧め時期は11月から5月程度の、抜きセットが成立する時期です。

【サイズ表】
B/羽根1本取(6.0mm) T/グラスムク(0.3-0.6mm) 0.8mmカーボン足
サイズ トップ(cm) ボディ(cm) 足(cm) 全長(cm)
4.0 14.5 4.0 9.0 27.5
4.5 15.0 4.5 9.0 28.5
5 15.5 5.0 9.0 29.5
5.5 16.0 5.5 9.0 30.5
6 16.5 6.0 9.0 31.5
・浮子の寸法は多少の誤差がございます、ご了承下さい。
・在庫切れの商品はご予約承ります、お問い合わせ下さい。
【へら浮子「昴」の修理代金】
・パイプトップ交換《¥1,500-(税込)》








ページトップへ